井戸掘りをするメリット|専門業者に頼もう

施行の前に知っておくこと

井戸

敷地の広さや条例がある

古来から水源を確保する方法としての井戸があり、今でも水道代の節約になったり、万が一の災害の時でも水が用意できるなどメリットもあります。そういった理由から井戸工事を依頼する家庭も増えてきていますが、実際に依頼する前に知っておくこともあります。井戸工事では当然ながら作業するための人員や機材が必要で、工事費用としてかなりのお金がかかることになります。お金に糸目をつけず作業を求めるなら問題ありませんが、水道代節約を目的にしている場合は、費用対効果を考えることも大切です。井戸水を使用すれば節約になりますが、年単位での節約が必要になるため、これを目的として考えるには難しい部分となるでしょう。また、井戸工事のイメージが固まっても、設置するには最低限の敷地が必要になります。いざ井戸を掘るために業者に依頼したけれど、作業するスペースがないなどの問題が出ることもあるので、工事をする前に確認しておきましょう。実際に井戸工事をするにも、最大の問題となるのは法律です。地域によって地下を掘ることを禁止していたり、特別な規制がかけられていることもあるので注意が必要です。大抵の各自治体では地下水保全条例が定めてあり、貴重な地下水を無駄にしないために許可制を設けています。そのため、井戸工事をする前に届け出をして許可を得ることが必要になってきます。これを無視して勝手に行うことは違法となるので、間違っても独断で行動しないよう気を付けましょう。