井戸掘りをするメリット|専門業者に頼もう

災害時にも利用が可能

いど

災害時にも利用できたり、水不足の際にも使えるなどメリットが多いことから、近年井戸工事が見直されています。井戸は掘削したら終わりではありません。その後も定期的なメンテナンスをすることで安定した水を手に入れることが出来ます。そのために、信頼できる業者を選ぶ必要があるのです。

井戸掘りの流れ

井戸

さく井工事は、地層の性質にあわせた方法で行なわれています。軟らかい場合は回転式の掘削機で掘り、固い場合にはエアーハンマーで砕きながら掘るのです。穴が地下水に到達したら、土砂を通さない構造のパイプを挿入し、そこにポンプを取りつけます。その後、屋内に配管を引き込む工事が行なわれることもあります。

井戸を作るには

模型

井戸のメリットは

井戸とは地面を掘り、地下水を利用できるようにしたものです。上水道が普及する以前はポピュラーな存在で家を作る場合には井戸を作ることも多くありましたが、現在では意図して井戸を作るということは少なくなっています。しかし、井戸はいつでも自由に使える水を手に入れることができ、また衛生基準を満たした水であれば飲料水としても使えます。特に災害時に上水道の供給が停止した際には、重要な水源となることから、井戸を作る家も増えています。井戸を作る場合には井戸掘りと呼ばれる作業を行います。井戸掘りといってもいくつかの種類があり、打ち抜き井戸と掘井戸、ボーリング井戸などがあります。打ち抜き井戸やボーリング井戸は井戸掘りというよりは、打撃の力で地下水がある場所までパイプを通す方法です。打ち抜き井戸では、深さはそれほどなく省スペースで井戸を作ることができます。ボーリング井戸は深い深度までパイプを打ち込むもので、費用は掛かりますが雨水などの影響を受けない水を汲み出すことができます。外部の影響がないので、飲料水としても使うことができます。一方で掘井戸は昔ながらの井戸掘りで直径0.7メートルから2メートルの穴を掘るというものです。井戸掘りを業者に依頼する場合には実績のある業者を選ぶことがポイントです。また井戸掘りだけでなく汲み上げポンプの設置や水質調査なども含めてトータルで使える井戸を提供してくれる業者を選ぶことで、すぐに地下水を利用することができます。

施行の前に知っておくこと

井戸

古来から世界中で利用されてきた井戸は、水道代の節約になる以外にも、万が一の災害でも水源を確保できます。そういった理由から井戸工事を依頼する家庭も増えてきていますが、実際に施行する前に、どれだけの敷地が必要か、特別な規制がかかっていないかなど、知っておくべきこともあります。